千葉県最南端。廃校利用で誕生した「シラハマ校舎」
住む・泊まる・学ぶ・食べる・働く...etcの複合施設

トップ > 無印良品の小屋 > 利用可能な設備

利用方法

「無印良品の小屋」at シラハマ校舎

「無印良品の小屋」はMUJIでおなじみの良品計画社が販売するコンパクトな小屋。これをシラハマ校舎に設置することで海や山の借景が加わり、またシラハマ校舎ならではのサービスが付いてきます。

区画とフリースペース

シラハマ校舎はかつて学校だった場所。そして「無印良品の小屋」が立ち並ぶのは旧校庭部分。ここに18(*)の区画を設け、現在16組の購入者の方がご利用されています。区画の大きさは一件あたり78.3~102㎡ですので、フリースペースとして使える部分は各戸66~90㎡の計算になります。
利用方法としては、物置を作って収納をまとめたり、ウッドデッキやタープを設置したり、プールやテントで遊んだり、全面を畑にしたり…と十人十色。
フリースペースについては、できるだけ各戸の意向を尊重して自由にデザインをして頂いていますが、他の小屋の方の出入を妨げるものや、散水栓が取れなくなってしまうもの、視界を遮るようなものを設置する結果にならないよう、事前に十分なシミュレーションをお願いしています。
*当初は21区画の分譲を予定していましたが、小屋購入者に対し、より広々とした空間を提供するため、区画数を18に減らしました(2019年7月12日)

キッチン

シラハマ校舎内の共用キッチンがご利用頂けます。IH付き調理台、電子レンジ、オーブントースター、コーヒーメーカー、箸・皿類、そのほか基本的な調理器具が揃えてあります。

バス・トイレ

シラハマ校舎内の共用スペースほか、小屋の敷地エリアにあるトイレ・お風呂棟をお使い頂けます。

そのほか

無印良品の小屋

次回見学説明会
2019年12/22(日) 15:30~16:30
電話申込:tel.0470-29-5848
時間帯により応答できない場合があります
ローカルニッポン
シラハマ校舎の小屋暮らし シリーズ
(1)40代共働き夫婦が小屋を買ってみた
(2)仲間でつくる!「クラインガルデン」
(3)休日はひとり暮らし!?
(4)子どもと楽しむ小屋暮らし
(5)男を磨く秘密基地
「無印良品の小屋」の仕様
素材、大きさ、保証をチェック

シラハマ校舎での利用方法
シラハマ校舎限定の便利な設備

利用モデルのご提案
こんな目的の人が使っています

ご購入までのながれ
費用、契約、ローンの御案内

FAQ
よくあるご質問

お問い合わせ
お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る