千葉県最南端。廃校利用で誕生した「シラハマ校舎」
住む・泊まる・学ぶ・食べる・働く...etcの複合施設

前へ
次へ
トップ > 別館「眺尾伽藍」 > ナガオガランとは

シラハマ校舎別館「眺尾伽藍」

シラハマ校舎別館「眺尾伽藍」(ナガオガラン)とは

2020年秋、シラハマ校舎別館「眺尾伽藍」がオープンしました。シラハマ校舎といえば木造平屋の旧校舎をリノベーションした複合施設ですが、眺尾伽藍は廃校とは異なる角度から「非日常」を追求したレジデンス&ゲストルームとなっています。建物の趣きは農園に佇む19世紀のプランテーション・ハウス。森の借景に縁どられた邸宅に足を踏み入れば、そこには映画「風と共に去りぬ」の世界が広がります。外界を遮断したこの異空間で、ゆったりとした休暇をお楽しみください。


建物の特徴とロケーション

この邸宅が建てられたのは昭和が終わりを告げる頃。房州白浜が花と観光で栄え、町全体が華やいだ時代に資材の大半を外国から輸入し、遠方から職人を招いて竣工しました。台風に負けない堅強な外壁に、大胆な吹き抜けや暖炉のあるサロン、日差しをたっぷり取り込んだ八角のガーデンリビングなど贅沢な空間づかいを施した内装が特徴です。
立地はシラハマ校舎から400メートルほど南下したところで、海から歩いて1分。群青の海に背中を向けて畦道を抜けると異国情緒溢れるお屋敷が見えてきます。石畳を埋め込んだ玄関ポーチから広々としたデッキに上がると、空は青く吹き抜け、水平線に浮かぶ伊豆七島が一望できます。



利用するには?

眺尾伽藍にはレジデンス/居住とゲストルーム/宿泊の機能があります。ご利用中のお客様にゆっくりとお寛ぎ頂いているため、敷地・建物の見学は禁止しております。

ゲストルーム

客室のご案内

ハウスルール

ご利用にあたって
*ご予約前に必ずご一読下さい

ご予約方法

申込フォーム
じゃらん
Airbnb
*お電話での予約は受け付けておりません

レジデンス

居住スペースのご案内

ご質問等

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る