千葉県最南端。廃校利用で誕生した「シラハマ校舎」
住む・泊まる・学ぶ・食べる・働く...etcの複合施設

トップ > シラハマ・ホームスクール > 開設背景

シラハマ・ホームスクールの成り立ち

開設のきっかけ

 2019年秋、房総半島は未曽有の大型台風と豪雨に襲われ、千葉県内の多くの学校で校舎が損壊し、水道・電気・通信が寸断されました。白浜町内の幼・小・中学校も、インフラの断絶により1週間に渡る休校を余儀なくされ、これがシラハマ校舎が教育事業に向き合うきっかけとなりました。たとえ学校が休校になっても、タブレットとWi-Fiがあればいつも通りに勉強ができる、そして"地域差"を"教育格差"にしないため、シラハマ・ホームスクールは最適な学習環境提供への取り組みを始めました。

AI教材を選んだ理由

 シラハマホームスクールでは世界初のAI (人工知能)教材「Qubena(キュビナ)」を採用しています。「Qubena(キュビナ)」はひとりひとりの得意・不得意を分析し、解くべき問題へと誘導できることが特徴。子供たちが教育格差の不安にとらわれず最適な環境で学び、時間を有効に使って、子供時代を思いきり楽しむことを目的に作られました。
 そして、習熟度の異なる生徒ごとに対応でき、学習結果がすぐにフィードバックできることから、近年では授業に取り入れる学校も増えてきました。少子化や複式学級化が進む地方だけでなく、都心部の公立校でも同様の動きがあります。私たちは、南房総でこの教材の活用することにより、地域の子供たちが未来に羽ばたき、選択肢豊かな将来へ進む道すじをつけていきたいと考えています。

自宅で集中できますか?

 とはいえ「タブレットを渡すから、家で勉強しなさい」と言ったところで、自主的に取り組める子供がどのくらいいるでしょうか。勉強する習慣をつけるには、やはり塾のような場所に行き、気持ちを切り替えるのが一番。そこで、シラハマ校舎内のコワーキングスペースの中にシラハマ・ホームスクールを開校。仕事をする大人たちに交じって、子供たちが勉強する新しい形態が誕生しました。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく措置内容について

2020年4月15日現在、シラハマ・ホームスクールは休業要請の対象ではありません。しかし、様々な理由により外出を自粛している場合は、来校無しの自宅受講も可能です(要・タブレット、通信環境)。

自宅受講を希望する場合は、お問合せフォームよりご連絡下さい。


シラハマ・ホームスクール

スクール概要
教室、教材、持ち物について

受講コースと料金
開校日・料金等について

開設のきっかけ
スクールのはじまり

入会までのながれ
申込方法

FAQ
よくあるご質問

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
ページのトップへ戻る